大阪ブロードウェイ

"次の世代の若者が挑戦、成長できるSTAGE"

2013年1月にボイストレーナーの芝井崇成と、サウンドクリエイターのNeoにより創立された
ミュージカル演劇のプロデュース団体です。
 "若者達に正しいプロフェッショナリズムを教えられているのだろうか?"
 "本当のやりがい、充足感を与えてあげているのだろうか?"
これらの疑問から"次の世代の若者が恐れず挑戦でき、何かを得て成長できる場所を創ろう"と
このプロジェクトはスタートしました。
 いまはまだ小さな場所かも知れませんが、真の愛情を持って水をあげることで
それぞれがいつか花開き、また違う場所で種をまく日がくると信じています。
 そしていつかスタートラインである大阪にブロードウェイを作ろう!と真剣に夢見ています。
真のエンターテインメントを根付かせていくために...

 会場に入った瞬間からストーリーの世界に入って頂けるようなテーマパーク的な開場造りを目指し、
完全オリジナルストーリーと完全オリジナルソングによる明るく楽しい娯楽作品を作ります!

芝井 崇成

主宰/演出/音楽

年少時代よりクラシック音楽を中心に学び、音楽大学に進学する。
同時に本格的に声楽を学び、後にボイストレーナー亀渕由香氏にトレーニングを受ける。
その後トレーナーとして活動を始め、歌手/タレントだけでなく、
小学校/中学校などでワークショップを行うことにより、
より多くの方に音楽を楽しんでもらえるように展開中。
現在は、ボイストレ−ナーだけでなく、音楽スクールの経営、コンサートなど幅広く活動中。
個人スクールにて、ボイストレー二ング、ピアノ演奏指導に勤める傍ら、
松竹芸能、テアトルアカデミーにてボイストレー二ングを担当。

Neo

主宰/演出/音楽

20代までバンド活動を行いつつ、音楽理論、作詞法、歌唱法、楽器演奏、DTM等をすべて独学で学ぶ。
後に作詞/作曲/編曲家として様々なアーテイストの音源制作、舞台/映画音楽の制作に携わる。
自身も4オクターブのパワフルな声域を持つボーカリストであり、
様々な楽器を演奏できるマルチミュージシャンとして他アーティストのサポートとしても活動中。
専門学校/音楽高校で講師を務めた後、
DTM 個人レッスンやボイストレーニングを通じて後進のサウンドクリエイターの育成を行っている。
また現在はデザイナーとしても活動しており、大阪ブロードウェイの各種デザインも担当している。
2015年の『花街ラプソディー』から脚本を担当。

フェイスブック


ツイッター